おしらせ

焼き小籠包の美味しい焼き方

焼き小籠包の美味しい焼き方

チャイデリカの焼小籠包の美味しい焼き方です。お品によって調理方法がことなりますのでご注意下さい。 フライパン調理タイプ 電子レンジタイプ 焼き小籠包フライパン調理タイプの美味しい焼き方 焼小籠包フライパン調理タイプの 美味しい焼き方 こちらのパッケージの商品がフライパン調理タイプです。 動画でも詳しく説明しています。※IHの場合:強火(※ガスの場合は中火) 焼き方の手順 1.冷たいままのフライパン(※26cmサイズのテフロン加工推奨)に油を入れ、焼き小籠包を置く 冷たいままのフライパンに大さじ1杯のサラダ油を入れます。凍ったままの焼き小籠包の底面(平らになっている部分)を油になじませながらフライパンに置いていきます。 2.水を入れ強火で蒸し焼きに(※ガスの場合は中火) 水を入れ、フタをして火をつけて強火(※ガスの場合は中火)で約8分蒸し焼きにします。 【水の量】 5個焼く場合 100cc ※それ以上一度に焼く場合は焼きむらでてしまう場合があります。 途中でフタを開けたり揺すったりしたくなると思いますが、我慢して触らないようにするのが綺麗に焼くコツです。 3.水を飛ばして焼き目をつける 水が少なくなって、フライパンから「パチパチ」と音が聞こえたら、そのままの火加減でフタをとり、1分程度水がなくなるまで加熱してください。 焼き目が足りない場合は、油を適量足して焦げない程度に焼いてください。※油がはねますので十分ご注意ください。 4.底面がカリッと焼きあがったら出来上がり フライパンからお皿に移す際、皮が破れると中の美味しいスープがあふれ出してしまいます。 そっと優しく盛り付けてください。 お好みでごま、ネギをふりかけます。 焼き小籠包の美味しい食べ方はこちら 焼き小籠包電子レンジタイプの美味しい焼き方 焼小籠包レンジタイプの 美味しい焼き方 レンジタイプは2種類あります。よくご確認の上、...

焼小籠包のお召し上がり方

焼小籠包のお召し上がり方

焼小龍包には思っている以上のコラーゲンスープが入っており、そのまま食べると汁が飛び出し危険です。食べ方のコツを掴んでぜひ安全にお召し上がり下さい。やってはいけないこと→→→かぶりつく食べ方1 皮を破らないようにそっと箸で持ちます。2 5ミリほど皮をかじって中のスープを吸います。3 あとはガブッと食べてください。

焼き小籠包とは

焼き小籠包とは

皮のカリカリ感とジューシーな肉汁小籠包よりも上海っ子に愛されている味中国では生煎饅頭と呼ばれており上海を代表するローカルフードです小籠包より少し厚めの生地の饅頭を鉄板で香ばしく焼き上げます小籠包と同様包みの中からスープがあふれ出るのが最大の特徴です中に入っているスープの量が小籠包と比較しても圧倒的に多い焼小籠包の焼き方は焼餃子に似てるんです油を敷いた鍋に焼き目がつくまで火を通しそれから水を入れて蓋をして蒸し焼きして出来上がります焼餃子と違ってるところは包み合わせた部分を下にして焼くということ通常の底の部分を上にして並べて焼きますできたての焼小籠包が入った大鍋白くて丸くてプリプリした饅頭がぎっしり並んでいるのがとても可愛いらしい最後にゴマやネギを振ると色も鮮やかで食欲を誘います!

Contact form